ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ウェストン記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、擬ハンバーグ(2個)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


擬ハンバーグとは、いわゆるひとつのハンバーグ擬きのことであって、ピーマンの肉詰めで余ったタネを成形して焼いたものである。
それでも立派なハンバーグなのだろうが、元々、ピーマンの肉詰めを料理ろうとしていたのであって、ハンバーグを料理ろうとしていたわけではない。当初の目的から外れて出来たものは、あくまで、“擬(モドキ)”なのである。
小松菜のわさび和えは、今回も薄味になってしまった。わりと濃い目のわさび醤油にしたはずなのだが、やはり量が多かったものと見える。
3束で8食分くらい出来たのだから、コスパの面から見ると、ありがたい話ではある。
今回、生野菜サラダを料理るに際してキャベツを買い忘れ、近所のスーパーに買いに行った。直前にも、買い忘れがあって、おなじスーパーに買いに行ったのである。
忘れた、と、云えば、ピーマンの肉詰めを料理るさい、半分に切って種と中仕切り(?)を除いた内側に、小麦粉を振りかけるのも忘れた。さいわい、中の肉ダネが離れるようなことはなかったが、自分のもの忘れのひどさに、あきれ返らざるを得なかった。
料理に限らず、このところもの忘れが多くて困る。せめてもの救いは、忘れたこと自体は忘れていない、と、云うことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS