ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
歩行者天国の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


先週は思いっ切りシンドかった。シンドかった、と、云うよりは、怠かった。いかにも梅雨時の倦怠感、湿気の多さや低気圧の重苦しさがもたらす重圧感、そんな体調と心調に支配された一週間だった。
こんなときは、精をつけねばならぬ、と、云うわけで、鶏肝の生姜煮を料理った。
鶏肝は、低脂質、高タンパクで、そのうえビタミンB群がまんべんなくふくまれており、滋養強壮、疲労回復、貧血防止、眼精疲労の緩和などに、効果バツグンであることは、これまでにもたびたび記してきたところである。
わたいが鶏肝の生姜煮を食べだしたそもそもの契機も、夏バテ予防のためであった。当時テニス部に所属していたわたいは、夏の過酷な練習を乗り切るために、鶏肝の生姜煮を食べるようになったのである。おかげで当時は、夏バテとか、貧血などとは無縁であった。
これから梅雨に入り、いよいよ体力が蝕まれていく季節、極力、世木栄養素を摂取するよう、心がけねばならない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:15 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS