ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
美空ひばりの命日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は美空ひばりの命日なのだそうだ。
美空ひばりを知らない日本人はいないだろう、と、思われるが、なにしろ、日本が米国と戦争したことがある、と、云うことを知らない人間がいる、と、云われるご時世である。念のためにWikipediaより引用すると、“12歳でデビューして「天才少女歌手」と謳われて以後、歌謡曲・映画・舞台などで活躍し自他共に「歌謡界の女王」と認める存在となった。昭和の歌謡界を代表する歌手であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した。”と、ある。
芸能興行に絡む、山口組三代目組長との醜聞なども存在したが、彼女を慕うファンはいまなお各界に多く存在する。
あの傲岸不遜を以てなる松山千春氏でさえ、「プロの歌い手、と、云えるのは、亡くなった美空さんくらいだろうな」と、述べていたくらいである。
その忌日、すなわち今日は、“林檎忌”あるいは“麦の日”とされている。
Wikipediaによると、“ヒット曲「リンゴ追分」から「林檎忌」、「ひばり」という名前にちなみ、麦畑が鳥のヒバリの住処となることが多いことから「麦の日」と呼ばれている”のだそうである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
昭和歌謡とも麦雲雀とも、いっさいまったくなんの関係もない、いたって非文化、非自然な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS