ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
缶詰の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、菠薐草と白菜の胡麻和え、南蛮漬けの素


だいぶ久しぶりに、菠薐草と白菜の胡麻あえを料理った。これからの季節、葉物野菜も根野菜も美味しくなり、種類も増えるので大いに愉しみである。
菠薐草や小松菜もだが、白菜も茹でるとだいぶ嵩が減る。それだけでなく、ちょっと茹ですぎるとふにゃふにゃになって、食物繊維しかなくなってしまう。野菜類は味付けよりも、茹で方が一番むずかしいんじゃないか、と、思う。
胡麻和えの素(?)は、すりごまに砂糖と濃口醤油を加えて、よく混ぜ合わせたものである。市販のすりごまを使ったのだが、自分で擂鉢で擂った方が、香ばしく、美味であることは解かっているが、そんな根性も忍耐力も時間もない。母者に云わせると、ヒマなときに擂っておいて、密閉壜に入れて置けばよいそうであるが、胡麻を擂る時間があれば、なにか別にしたいことがあり、かつまたしなければならないこともあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS