ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
電信電話記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半分)、小松菜のわさび和え、茹でブロッコリ


ちょっとした計算違いで、副菜を料理るのを忘れていた。料理るのを忘れていたのではなく、料理ったつもりでいたのだが、料理っていなかったのである。結果としては同じであるが。
茹でブロッコリの色合いが悪いのが気にかかる。先っぽが黄色く花が開いているようだ。湯掻いて冷凍してあるから大丈夫だろうが、やはり早目に消費したほうがいいようである。塩昆布を切らしてしまっていた。もっとも野菜は別に味付けなどしなくても食べられるだろうから、それで不足は感じない。いわゆる素材の味、と、云うやつである。
小松菜のわさび和えは先週の残り物である。わさび和え→わさび漬けの発展途上(?)である。なんにせよ、青菜類は摂取せざるべからず、である。
秋刀魚がいただけるのはありがたい。旬の食べ物にこだわりはないが、春の菜の花と秋の秋刀魚だけは別である。季節に合った“料理”ならそれなりに考えるが──いくらわたいでも、夏に鍋物を食べようとか、冬にそうめんが欲しいとかは思わない──、食材についてはあまり気をまわさない。だいたいの食材は1年を通じて入手できる。ありがたい世の中になったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:01 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS