ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
電信電話記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半分)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


晩食はしっかり一汁三菜である。それにしてもこれからの季節、主菜はともかく、副菜の二品は、小松菜のわさび和えとかぼちゃの煮物でほぼ固まりそうである。
これを抽象すれば、副菜は\頂變狠羶粥↓⊆冓中心、と、なり、理想の配食ではあるのだが、どうもそんな気がしないのはなぜだろう。
今年は小松菜のわさび和えがほとんどで、他の献立を忘れかけている。油揚げと煮浸しにしたり、椎茸やしめじを入れたり、それなりに工夫して、目先を変えていたものだが……。
最近は台風などの影響で、野菜不足が懸念されている。毎年同じことを聞かされているような気がするのだが、それはこのさい置いといて、野菜の品薄、高騰に対処するためにも、他の食材を加味した献立を思い出しておく必要があろう。そのほうが栄養摂取の観点からしてもよろしいはずである。
そう云えば、冷凍保存しておいた小松菜があった。お浸しにすると味が落ちるので、煮浸しにしたらちょうどよかろう。
豆腐を絹こしから木綿に替えた。木綿豆腐は絹こし豆腐に較べて、たんぱく質、カルシウム、鉄分が約1.3倍、多く含まれているのだそうである。
ただし、ビタミンB群やカリウムは、絹こし豆腐のほうが多い。
たいていの人は冷奴と云えば、絹こし豆腐を用いるのだろうが、わたいは別にこだわらない。むしろ木綿豆腐のほうが、食べるときにボロボロ崩れなくてよかろうと思っている。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS