ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
三木武夫内閣発足の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鰤の煮つけ、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物


やっと念願の(?)鰤の煮つけを料理った。これは味付けに出来不出来の差が少なく、安心して料理れる献立のひとつである。以前から大好きで、よく料理っていたのだが、ここのところ値段が高くなっていけない。養殖ものが2切=500円前後する。
今回買ったのは、3切=680円(税抜)だから、まずまず廉いほうだろう。それにしても、1切=1食=227円近くするのだから、鰯や秋刀魚には較べるべくもない。豚肉や鶏肉のほうが、1食当たりの単価は廉くつく。
四方環海の海洋国家ニッポンで、なんで獣肉類よりも魚肉類のほうが高い生活を送らにゃならんのだ、と、いつも思ってしまう。
Macや遊冶郎が云うように、高度経済成長によって、工業産業が一定の発展段階に達し、成果を上げたのだから、いい加減農林水産業に注力するべきだ。それも狄糧省瓩箸修量松里鯤儿垢靴董⇔通商業部門の当該管轄領域をも吸収し、食糧自給率の上昇と、自立自存し得る食糧生産量の確保ならびに流通、食糧安全性の向上確立に努めるべきであろう。そして、英語を習わせるより先に、食に関する知識を教えるべきである。
と、云っても、利権と保身にしか関心のない政治家や官僚を選んでいる国民が住む国では、まず無理だろうなぁ……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS