ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
胃腸の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、紅鮭の幽庵焼き風、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物の味が変わっていた理由が分かった。
去年のものと種類が違っていたのである。去年購入していたのは、「エビス南瓜」と云う種類で、今年はまだその種類のかぼちゃを買っていなかったのである。
今回「エビス南瓜」を食べてみて判明した。
ホッとした。わたいの味付けが悪かったわけではなかったのである。また、わたいにも味の違いが判ることが判ったのである。
「エビス南瓜」は煮崩れしにくく、ホクホクして、甘みのある味わいが、まるで焼き芋のようである。わたいの好きな種類である。いままでのかぼちゃに首を捻っていたのももっともである。
同じ時間(と、云うほど長いわけではないが)湯掻いていたにしても、ほうれん草と小松菜とでは、味わい、と、云うか、歯ごたえが違うような気がする。ほうれん草のほうが、早くふにゃふにゃになり、小松菜のほうはわりとシャキシャキした歯ごたえが残る、ように思える。
白菜も、芯のところと葉のところを、違和感なく湯掻くのは、至難の業である。 慣れてくれば問題はないのだろうが、慣れるまでが問題である……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS