ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
バッテリーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、さわらの味噌漬け焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃは、少なくとも、煮物にするかぼちゃは、「エビス南瓜」がおススメである。煮崩れしにくく、ほくほくした甘味があって、弁当のお菜にしても充分美味しい。ただし、当然のことながら、わたい個人の感想であって、全人類に共通して該当する、とは、保証しかねるので、念のため。
昨年中は別に種類の意識などなかったが、今年になってかぼちゃの煮物を料理りはじめると、どうも味が変わったような気がして仕方なかった、なぜだろう、と、首を捻っていたことは、いままでにも記してきたところである。その疑問がやっと氷解したのが、今週のお菜を料理ったときだったことも、これまた昨日記したところである。
さわらの味噌漬け焼きは少年期からの大好物である。
中学生の頃、高松に住む伯父が送ってきてくれたのを食したのが初めてだった。世の中にこんなおいしいものがあるのか、と、感激したものだった。なんでも伯父が釣ってきたものを、行きつけのお店で漬けてもらったものらしい。それとも、伯母ちゃんが漬けてくれたのだったかな? 詳細は忘れたが、ともかくあのときの感激は、いまなお記憶している。
爾来さわらと云えば、味噌漬け、と、思い込んでいる。いまでは曲がりなりにも、自分で料理れるようになったのだから、我ながら大したものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS