ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
美容室の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は猗容室の日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、猗容師の正宗卓が2003年に制定瓩靴燭發里如↓12月は美容室に多くの客が訪れる月で、13日は「13」をくっつけるとBeautyの頭文字Bになることから當蠅瓩蕕譴燭里世修Δ澄なんなと理由はつけられるものである。
わたいもいままでの人生で一遍だけ、美容室なるところに入ったことがある。それまで、美容室、と、云えば、女性の行くところ、と、通念されていたのが、いわゆる男性用美容室なるものが現れだした頃である。物は試し、話のタネ、と、思って、冷やかしがてら髪を刈ってもらったのである。
別に変な顔も厭な顔もされなかったが、洗髪のときに、仰向けに椅子を倒されて髪を洗われるのには驚いた。某人物によると、あれは化粧が落ちないようにするためで、うつむきで洗髪すると化粧が落ちかねない。顔を上げたとき別人になっていたら、店員の心臓によろしくない、と、云うことらしい。
また、髭を剃ってくれないのにも唖然とした。なるほど、女性には髭剃りの必要はないわけだ。
勉強になった、と、までは云わないが、ナカナカにおもしろい体験ではあった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
散髪屋であろうが美容室であろうが、仰向けの洗髪であろうが、うつぶせであろうが、まったく一切どこをどう突いても、縁もゆかりもない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:06 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS