ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
美容室の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、さわらの味噌漬け焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


今週はほぼ完璧に消費した。ほぼ、と、云うのは、ほうれん草と白菜の胡麻和えが1食分足りなかったからである。もっともそれくらいのことは、瑕瑾とも云えない。
久しぶりに魚づくしで大いに満足した。やはり海洋国民である日本人たるもの、魚が性に合うのである。実際、空気中で生活している牛、豚、鶏などよりも、海水中の大きな圧力と抵抗のなかを泳ぎ回っている魚のほうが、身肉に栄養が多いのは道理であろう。それに海水中には、空気中あるいは大地に含有されていないミネラル分や有機元素が多く含まれている、と、聞く。それらを取り込んでいる魚の栄養価が高くなるのもむべなるかな、で、ある。
願わくば、この貴重な水産資源のよりどころを、政治権力とつるんだしょ〜もない産業工業などで穢さないでいただきたいものである。
さて来週であるが、そろそろ忘年会シーズン……と、云っても、わたいにはあまり関係がない。この頃はやたら世間がキビシクなって、忘年会で残った食べ物を折に詰めて持ち帰る、などと云うこともできなくなった。と、云うか、世の中が豊かになって、そんなこともしなくなった。ほんでもって、食品廃棄がどうのこうの、食材ロスがああだこうだ、と、嘆かわしいことである。
いつぞやの総理が犲己責任瓩覆匹箸髪召Δ里癲△△覦嫐では、無理からぬことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:09 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS