ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ブリの素焼き(1切)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


ブリは3切=680円(税抜)だった。1切≒227円(税抜)の勘定である。税込245円と思えば、まぁ、廉いほうだろうか。
仕事場にはお弁当屋さんが弁当を売りに来る。その値段は500円、ワン・コインである。何軒かのお店が売りに来ているが、みな一様に、ワン・コイン、で、ある。別に、今年の流行語を当て込んでいるわけではない。消費税が5%の頃から、税込500円なのである。トラストだか談合だか知らないが、いまどきありがたい話である。
ただ、量は少ない。自家製弁当の、下手をすると半分くらいなのではないだろうか。もっともそれくらいが通常人の食欲を満たす適量なのであって、わたいの胃袋が他人のそれよりも大きい、もしくはわたいの消化器官の労働効率が悪い、と、云うだけなのかもしれない。
なんにせよ、自家製の弁当なら、倍ほどの量と好みのお菜で、しかも価格は同等以下、の、はずである。栄養配分についても、できる限りの考慮を払っていることは、みなさん、よくご存じいただいているところであろう。
豈弁当手製ならざるべけんや、で、ある。ただし、味と変化に鋭敏でなければ、の、話ではあるが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS