ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
晦日正月・晦日節の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ロール白菜のトマト煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


南蛮漬けの素が残るだろうと思っていたが完食した。
これは以前にも記したように、これだけで1品として十分通用する。野菜の酢漬け、と、思えばいいのである。それにこれだけで、人参、ピーマン、玉葱、と、3種類の野菜が摂取できる。さらには酢の効果もある。これはこれで、重宝な1品である。
と、云うわけで、いささか残ることを期待していたのだが、完食してしまった、と、云うのは、最初のときや弁当のお菜にしたときに、多めに入れていた、と、云うことだろう。
わたいの場合、「一汁三菜」を理想の食卓としていることはしばしば述べているところだが、もうひとつの理想として「少量多種」がある。 これは読んで字の如く、いろいろな献立のものを少量で揃えることである。
わたいの献立で云えば、ミニ豆腐、納豆、漬物、が、それに該当する。南蛮漬けの素もこれに与する。
ほかに、自家製漬物や、煮豆、ひじき、切干大根と油揚げの煮つけ等も、加えることができるだろう。
ただこれは、俗に云う、言うは易く行うは難し、で、あって、そんな少量分を料理る余裕は、時間面からも、心理面からも、ない。もちろん、週末にいっぺんに料理るほかないのだが、それでもないものはない。第一、そんなことをすれば、またぞろ主食(ごはん)の量が増えてしまう。やっと腹回りの贅肉が落ちたと思ったのに、元の木阿弥になってしまう。
ミニ豆腐、納豆に拘泥することなく、別の献立と差し替えればいいじゃないか、と、云われれば、それまでではあるが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:57 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS