ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
長野の日/オリンピックメモリアルデーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(食べる唐辛子ふりかけ)、揚げない鶏の唐揚げ、小松菜のわさび和え、茹でブロッコリ


今回料理った揚げない鶏の唐揚げは、思いのほか、うまくいった。これなら及第点、上出来のほうだろう。
ただ、唐揚げと云うよりは、チキン・ナゲットのような食感と味わいになった。むね肉を使ったからだろうか? それとも下味つけが不十分だったからだろうか? いずれにせよ、もう一度料理ってみれば分かることである。
昨日、まさかないだろう、と、思って検索してみると、揚げない天麩羅、と、云うものもあった!
これはおもしろい。ぜひ一度挑戦してみたいものである。イワシの天麩羅、舞茸の天麩羅、かぼちゃの天麩羅、アスパラガスの天麩羅、鶏肉の天麩羅(いわゆる爐箸蠹鍬瓠法等々、好みの食材には事欠かない。一度料理ってみれば、どんなものになるか、大方の予想はできよう。愉しみなことである。
食べる唐辛子ふりかけもひさしぶりである。ずいぶん昔に、梅田にあった中華料理屋に備え付けてあったもので、一度使ってしばらくの間、すっかり病みつきになった。これだけで優に茶碗3杯は食べられた。貧しい若者には重宝なふりかけだった。
唐辛子系の辛さは皮膚によろしくない体質のはずなのだが、そのわりには、辛子明太子だの、キムチだの、この食べる唐辛子ふりかけだの、と、いろいろ食している。質の良いもの、と、云うか、本場ものならば、さしてかゆみも出ないのだから、我ながらワガママと云うか、ぜ〜たくな体質である。
もっとも、そばは逆である。そのへんの立ち食いそばやチェーン店のそば、インスタントそばなどならば、なんてことはないのだが、本場本格その道一筋本家本元などの、いわゆる本当のそばを口にすると、湿疹かゆみが出る。そばに関しては、安もの向きの体質であるようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:14 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS