ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
リンカーン誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの南蛮漬け風、菜の花の辛し和え、ツナと白菜のスープ煮(洋風)、めた、木綿奴、納豆、味付海苔


以前しばらく、べったら漬けにハマっていたことがあったが、この頃はたくあん漬けにハマっている。それもできるだけ甘くない、自然の、大根の旨味だけが出てて、しかも廉価なものを探している。当然、あるわけがない。やはりこれも、自分で料理るしかないのであろうか……。べったら漬けにハマっているときもそう思ったものだが、そのときは結局、料理らず仕舞いで終わった。今回はどうなるだろうか……料理らず仕舞いになりそうな気がする。
もっとも今回は、しばらくたくあん漬けはお休みである。
長葱が余ったので、ぬたを料理った。長葱は余っても、こんな具合に使い手があるから重宝である。料理れる献立の種類が増えると云うことは、ただにいろいろなものが食べられる、と、云うにとどまらず、食材を無駄にせずにすむ、と、云うことにもつながる。食品ロスが云々される昨今、大いに献立の種類を会得すべし、で、ある。
ツナと白菜のスープ煮は、和風よりも洋風のほうが好みに合うようだ。あるいは分量の調整が容易だからかもしれない。味付けは洋風のほうが簡単である。固形コンソメと塩胡椒だけである。それに和風の味付けにすると、どうしてもスープ系が勝ってしまう。味噌汁がなければそれでもいいのだが、味噌汁があると「二汁三菜」になってしまう。タイムスリップじゃあるまいし、いきなり23歳になるわけにもいかない。現在の蓄積のままで23歳に戻れるのなら考えないでもないが、もう一度23歳からやり直すのは、まっぴらごめんこうむる。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:29 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS