ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
NISAの日のひとりめし(朝)
トースト(5枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日はNISAの日 瓩任△襦
Wikipediaによると、2014年より少額投資非課税制度(NISA)が始まることを記念し確定拠出年金教育協会が制定瓩靴燭發里如↓2と13で「ニーサ」と読む語呂合わせから瓩海瞭になったのだそうである。
2と13で「ニーサ」と読む瓩里覆蕕弌2と3でも、23でも、よさそうなものである。
NISAは当初鳴り物入りで喧伝され、当該年の流行語大賞候補にもなったようであるが、最近はさすがに聞かなくなった。いまなおNISAに縁があり、活用しているのは、一部の人たちだけであろう。少なくともわたいや、わたいの周囲にいる人たちの口からは聞いたためしがない。
政府やおそらくはそれと結託した投資アドバイザーやファイナンシャルプランナーなどと称する輩は、しきりに老後不安をあおり、投資を勧奨したりしているようだが、なんのことはない、引きこもっている金銭を市場に流出させて、経済を活性化させようという目論見だろう。
第一、国民の老後生活を安定させるのは政府の責務であり、なにが悲しくて、個人が心配して投資など行わねばならないのか。政府諸官庁お得意の責任逃れであり、論点ずらしに過ぎない。
国民が安心して老後を迎えられないのは、ひとえに政府諸官庁の責任であり、国民の責任ではない。まぁ、そんな無責任な政治家を選出した責任は、国民にあるのだが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とは、なんらの関連もない。
投資とも老後資金とも、NISAともNASAとも、まったく一切これっぽっちも縁のない、いたって簡素質素な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS