ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夕刊紙の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猴軸紙の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1969年のこの日、日本初の駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』が創刊したことにちなむ瓩里世修Δ任△襦
そう云えば昔は、駅の売店で新聞を売っていたものだが、やはり現在でも売っているのだろうか。
現在は駅の売店すらあまり見かけない。改札を出た駅構内の、いわゆる駅ナカ-ショップや、自動販売機ならよく目にする。
昔はスポーツ新聞や夕刊紙などを、プラットフォームの売店で購入す津姿をよく見かけたものだが……。
爛廛薀奪肇侫ーム瓩髪召┐弌△錣燭い覆召榔悗里修譴鮨燭胆茲忙廚ど發べるが、最近では、PC関連やWebsite上ののそれを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。時の流れである。
それにしても、速報性からすれば、Website上のニュースが紙媒体のそれよりも、はるかに優れていることは論を俟たない。
あとは記事(contents)の信憑性であるが、これはどっちもどっちだろう。と、すると、紙媒体の新聞が廃れるのも道理である。
電車内で新聞を拡げる迷惑な光景を目にすることがなくなって久しい。いまでは懐かしき昭和の光景である。
その代わり、と、云ってはなんだが、歩きスマホの弊害が云われるようになった。
利便性も弊害も、その面目を更新して発展していくものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
朝刊であろうが夕刊であろうが、紙媒体であろうが、Websiteであろうが、信憑性があろうがなかろうが、そんなこととはまるで無関係の、いたって穏健至極な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS