ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
巫女の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け、菜の花の辛し和え、かぼちゃの煮物、たくあん漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


昼の記事にも記したが、かぼちゃの煮物が余ったので、昨晩食卓から上せることにした。好みの献立はいくら続こうと苦しゅうないのである。
と、云うことは、逆に考えれば、あまり好まないもの、嫌いなものは、ほとんど口にしない、と、云うことである。
基本、食べないものは無論のこと、食べられないものもないのだが、やはり好き嫌いはある。
たとえば、イカやタコがわたいの食卓に上ることはまずない。手羽先も同様である。そのほか、手のかかる献立も現れない。ブイヤベースだのラタトゥイユ だの、カレーだのシチューだのも同断である。
世間ではひとり者の定番献立と云えば、真っ先にカレーが挙がるらしいが、わたいはいまだに(レトルト以外)料理ったことがない。そもそもカレーが、そんなに好きではないのである。なぜみなカレーが好きなのか、我が家の味=カレー、みたいな風潮があるのはなぜなのか、理解に苦しむのである。
麺類や丼ものも我が食卓には上らない。食する際はもっぱら外食かインスタント食品である。
第一わたいにとっては、麺類は食事ではなく、おやつなのである。食卓に上る際は、汁物に区分される。粕汁やなんかと同じ扱いである。
炒飯、牛丼、豚丼、天津飯、玉子丼、等々の類は、近所のスーパーで出来合いのを買ってくるか、外食である。もちろん、いくら看板を変えようと、従業員殺しのチェーン店で食べる気にはならない。なにが入っているか、分かったものではない。
さばの酢漬けはお買い得であった。二枚おろしが1尾半=380円(税抜)だった。真さばではなく塩さばだったので、手間も省けた。真さばより若干小ぶりではあったが、そこはそれ、やむを得ない。真さばは二枚おろし=480円(税抜)だったのだから。
今回は南蛮漬け風ではなく、甘酢(砂糖と酢)に漬けた。これでも充分美味である。砂糖が入っているわりにはさっぱりして口中がべとつかないし、骨が軟らかくなって丸ごと食べられるのがありがたい。やはり和食の献立は重宝である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:36 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS