ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サボテンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛汽椒謄鵑瞭瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、燹屬(3)ぼてん(10)」の語呂合せ瓩函△△襪世韻任△襦6引なうえに味も素っ気もない。
サボテンと云うと、アメリカ合衆国の西部劇に出てくる荒野や、メキシコを想起されるであろう。
わたいは若い頃、テキーラはサボテンから造られている、と、思っていたのだが、どうやら間違いだったようだ。テキーラ(メスカル)の原料となるのは、リュウゼツランである。
ちなみにリュウゼツランは竜舌蘭と表記され、サボテンは仙人掌、覇王樹などと表記されることもある。
サボテンは16世紀にいわゆる南蛮人によって日本にもたらされた。その際彼らが、サボテンの茎の切り口で畳や衣服の汚れをふき取ったり、樹液をシャボン(石鹸)として使っていたために、「石鹸のようなもの」という意味で「石鹸体(さぼんてい)」と呼ばれるようになったのが、サボテンに転じた、とする説が最も確からしいそうである(Wikipedia/「サボテン」より)
わたいたちの世代では、チューリップの「サボテンの花」と云う楽曲が有名である。ちょうど今頃の季節に合致した、なかなかの佳曲である。一度聴いてみられるのもよかろうじゃないかと思う。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS