ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コラムの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏ささみの味噌漬け焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏ささみの味噌漬け焼きがお気に入りのひとつであることは、これまでにもたびたび記してきた。以前にいた仕事場の女性に教えてもらった献立である。
どこかのお店で出されたものなのだそうで、本来は油で揚げているのだそうである。
わたいの場合は、最低でも一晩漬けこんでおいた鶏ささみを、クッキング・シート、もしくは油を引いたフライパンで焼くだけである。
ただ今回は、フライパンに入れた油が多かったのかも知れない、味噌漬けにしたささみを入れた途端、派手な音を立てて油が爆ぜた。焦がさなくてすんだのは結構だったものの、逆になかなか狐色にならず、いつもより時間がかかった。削ぎ切りにはしたものの、じっくり火を通そうと考えて、中火で焼いたからかもしれない。まぁ、強火で焼いて、焦がしたうえに火が通っていない、などと云うようなテイタラクになるよりも、はるかに上出来だろう。
昼の弁当が手抜きになった分、晩食が豪勢になったか、と、云うと、そうはならない。
基本、土曜日に食材の買い出しに行って、日曜日にいっぺんに料理るのだから、豪勢になるのなら昼の弁当も晩食も豪勢になるし、ときとして、朝食まで豪勢になる。当然、逆の場合は、すべてが手抜きになる。今週は後者のようだ。
しかし考えてみれば、主菜すら料理るのが邪魔くさくなって、サバ缶やイワシ缶、さんまの蒲焼き缶などですましたこともある。それを考えれば、まだ上出来だろう。もっともこの調子だと、来週あたり、そうなりそうな気がしないでもないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS