ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新聞をヨム日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、塩さばフィーレの酢漬け、菜の花の辛子和え、かぼちゃの煮物、たくあん漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


木綿奴を出すのを忘れた。
食べてる途中で気づいて冷蔵庫から出した。危ない危ない、貴重なタンパク源を逃すところであった。
塩さばは、若干小ぶりではあるが、それでも5片で380円(税抜)である。5食分としても1食76円(税抜)である。さばは栄養分も申し分ないし、味もいいし、まったくありがたいことである。
今度5片入っているのがあったら、2片はそのまま焼魚にして食べよう、と、思っていたのだが、考え事をしていて、結局全部、酢漬けにしてしまった。まあべつにだれも困りはしないだろう。
「塩さばフィーレ」と書いてあったが、「フィーレ」ってなんだろう、と、思って調べてみると、なんのことはない、「三枚おろしの片身」なのだそうだ。
それならそれで、日本語で表記すればよさそうなものである……と、思ったが、なるほど、「塩さばの三枚おろしの片身」とするよりは、「塩さばフィーレ」としたほうが、印字スペースもインク量も節約できる。なんでも日本語にすればいい、と、云うものでもないようである。
菜の花はそろそろ終わりなのではないだろうか。店頭で見かけることも少なくなった。「菜の花の命も短くて/ほろ苦さのみ多かりき」かな? 菜の花の苦味がイヤだ、と、云う人がけっこういるらしいことは以前にも記したが、あの味あってこその菜の花である。青春の花は苦い味がするものなのであるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS