ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
改革の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1788年(天明8年3月4日)の今日、徳川第11代将軍家斉が、老中松平定信を将軍輔佐とし、寛政の改革が始まる。
その46年後の1834年(天保5年3月1日)の今日、水野忠邦が江戸幕府老中に就任して、天保の改革が始まる。
江戸時代の三大改革のうちの二つが、太陽暦換算では、同日に起こったことになる。少なくともWikipediaによると、そうなっている。
だからと云って、この日を牴革の日瓩箸靴燭里蓮△錣燭い臨鶲佞砲茲襪發里任△辰董公許公認された記念日、と、云うわけではない。
しかし、寛政の改革と云い、天保の改革と云い、歴史上の評価は芳しくない。徒に締付け取締りが厳しく、風紀粛正どころか萎靡沈滞させてしまった感がある。改革、立て直しとは、むずかしいものである。
場合によっては、やらないほうがマシだった、と、云うことにもなりかねない。
改革の維新のと云っても、いいことばかりとは限らないようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:59 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS