ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
国際博物館の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、鶏肝の生姜煮、ほうれん草のお浸し、きのこ類の佃煮、絹奴、納豆、味付海苔


肝は鮮度が命であることは云うを俟たない。それは調理後も同じであろう。そんなわけで、肝を使用した献立は、極力早めに食することにしている。同じ献立が重なることは一向に苦にならない。ものによっては、1週間ぶっ続けでも苦しゅうない。そのことはこの「ろ〜りぃの食卓」をご愛読(?)くださっているみなさまがたには、よくご存じいただいていることであろう。
ほうれん草のお浸しは、これまた昼の弁当のお菜と同じく、先週分の残りである。これで先週分の残りはなくなった。
青菜類は常に食すべき献立である……と、云いつつ、諸般の事情で、ナカナカそうもいかないことが、ここ最近多くなっている。困ったものである。それがほとんど、自分の怠慢からなのだから、よけい困ったものである。
きのこ類の佃煮は看板に疑義有である。これを佃煮と称していいのだろうか。確かに酒、味醂、醤油で甘辛く煮つけたものではあるのだが、これをしも、佃煮と称していいのだろうか。はなはだギモンである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS