ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ナイスの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鯖の酢漬け(半身)、小松菜のわさび和え、キャベツと玉葱の酢漬け


酢漬け弁当である。わたいの場合、酢の摂りすぎは肌によろしくないのだが、それでも酢が健康にいいことは間違いないので、用心しながら摂取することにしている。とりわけ食欲不振に陥りがちなこの時季は、食欲を増進し、また保存効果もある酢は、重宝な調味料なのである。胡瓜の酢のものなどが恋しくなるのも、この季節である。
鯖の酢漬けと小松菜のわさび和えは、先週の残りである。先週は体調不良で倒れていた。早々の夏風邪である。コロナではないのでご安心を。
鯖も酢漬けにすると、骨まで食べられる。小骨はおろか、背骨まで全部食べられる。酢漬けを重宝する所以である。
わたいも寄る年波には勝てず、酢漬けにした骨すら最近は難渋するようになった。昔は素焼きの魚でも、鯖や鰤くらいなら、平気で骨まで平らげたものだが……。
小松菜はわさび和えにしてあるから、火曜日くらいまでなら平気で保つ、ひょっとすると、水曜までいけるかもしれない、などと考えていたが、どうも危うそうである。いくら冷蔵保存してあると云っても、季節の影響は及ぶものらしい。と、云って、冷凍庫はほぼ満杯である。そろそろ夏野菜に切り替えるべきか……しかし川島先生の信奉者としては、どうしても青菜類を欠かすわけにはいかないのである。もちろん家計に対する影響もあるにはあるが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:09 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS