ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
箸の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、ピーマンの肉詰め、小松菜のわさび和え、野菜の酢漬け、茄子の辛子漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


蒸し暑い湿度に活気と食欲を奪われがちな夏の日には、酢のものが重宝である。胡瓜もみやもずくなど、真っ先に箸が伸びる。酢は食欲を刺激してくれるとともに、栄養分をすみやかにエネルギーに変換してくれる。夏バテ予防と云うと、鰻や焼肉しか思い浮かばない人は残念である。酢のものこそ、夏バテ予防の隠れた主役とも云うべき献立である。
今回の野菜の酢漬けは、以前にも記したが、キャベツ、もやし、人参、玉葱、と、4種類の野菜を使用している。ビタミンC、β-カロテン、血液サラサラ成分、と、栄養価の宝庫となっている。夏に不足しがちな栄養分が、この一品でほぼ賄える。
以前に書いたかどうか忘れたが、鶏卵には鰻とほぼ同等の栄養分が含有されている。難を云えば、卵のほうが鰻より、コレステロールがやや高い。しかし巷間云われているように、1日1個、などと制限するほどのこともない。そこまでコレステロール値が高いのならば、そもそも鰻料理自体、敬遠した方がいい。栄養価がほぼ等価なら、わたいは迷わず鶏卵を選ぶ。家計に及ぼす影響が少ないからである。
栄養価の面から考えれば、わたいは平日の晩は毎食、鰻丼を食していることになる。なんと贅沢なことか!
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:23 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS