ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホームランの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(茄子の辛子漬け)、塩さばフィーレの酢漬け、小松菜のわさび和え、きのこ類の佃煮風


こうして背のほうを写してみると、さばが魚偏にブルーと書くのが納得できる。背の青い光沢が美しい。さばにはDHAやEPAが豊富に含まれていることは、これまでにも喋々してきたところである。
脳を活性化するばかりでなく、血中の悪玉コレステロールを除去して善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を減少させる。良質のたんぱく質が含まれいることはモチロン、ビタミンDも含み、骨ごと食べれば、カルシウムの吸収定着に一石二鳥である。
塩焼きにしてもよし、酢漬けにしてもよし、〆鯖も旨いし、味噌煮も結構。幅広く料理できる食材である。
かてて加えて、お値段が廉い! これはありがたい。今回の塩さばフィーレも、5枚で300円(税抜)である。こんなありがたい魚肉をいただけるのに、ニッポン人たるもの、手を合わせて拝まずにいられようか。四方を海に囲まれた環海国家ならではの贅沢である。
きのこ類の佃煮風が、今回は上手くいった。いままでは、煮詰める過程で、どうも水気が多くなってしまっていた。調味料を入れ過ぎていたのであろう。それが今回は、上手い具合に煮汁がなくなり、味わいもよくなっている。よろこばしいことである。この呼吸を忘れずに、どんどん料理っていきたいものである。ただ問題は、昨今、野菜のみならず、きのこ類も高騰していることである。早く以前のような廉価に戻って欲しいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 17:52 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS