ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
クラシック音楽の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース


今日は爛ラシック音楽の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爐茲蠡燭の人にクラシック音楽に親しんでもらうことが目的瓩如↓爐海瞭を中心に音楽家の無料報酬によるコンサートなどが開催される瓩里世修Δ任△襦狷本音楽マネージャー協会(現日本クラシック音楽事業協会)は、1990年8月に協会設立40周年を記念してサントリーホールでクラシック音楽を広くアピールするためのコンサート「クラシック音楽の日」を開催した瓩箸△襦
ちなみに、この日が選ばれた理由が、燹屮(9)ラシ(4)ック」の語呂合わせ瓩任△襪海箸榔召Δ泙任發覆ぁ
クラシック音楽と云うと、なにやら正装して、大きなコンサート・ホールで、威儀を正して聴くべき、厳粛なもの、と、云う、先入観がある。浅薄な西洋崇拝の残滓である。バッハやハイドンのような宗教音楽、礼拝堂音楽ならいざ知らず、モーツァルトやベートーヴェンの音楽などは、広くウィーン市民に披かれた、元来肩の凝らない、気楽なものだったはずである。
生活のために王侯貴族の後援を必要としたにせよ、その王侯貴族たちからしてからが、自分たちは話の分かる、クダケタ人間なのですぞよ、ちっともエラそうにイバッちゃいないのですぞよ、と、宣伝するために、彼ら音楽家を後援していたのである。
そう思えば、クラシック音楽がもっと馴染み深い、生活に密着した、気軽なものになってもいいはずである。なんでもありがたげに奉ればいい、と、云うものではないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:43 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS