ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
メキシコ独立記念日の日のひとりめし(朝)
バターロール(2個)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛瓮シコ独立記念日瓩覆里世修Δ任△襦
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、
――1810年のこの日、メキシコ・ドロレス教区のミゲル・イダルゴ神父がメキシコの独立を訴える演説を行い、最後に「メキシコ万歳!」と叫んだ。これによりメキシコ独立革命が始った。
メキシコは300年近くスペインの圧制に苦しめられていた。独立宣言等が行われた日ではないが、この日が独立記念日とされ、メキシコ全土では前日からお祝いが行われる。イダルゴ神父の叫びは「ドロレスの叫び」と呼ばれ、この日、メキシコ大統領が国民広場のバルコニーに立ってこの言葉を叫ぶのがならわしとなっている。
とのことである。
メキシコ革命はハリウッド映画などでも格好の題材になっており、有名なところでは、なんと云っても、『革命児サパタ』であろう。映ちゃんおススメの作品である。マーロン・ブランド、アンソニー・クイン、ジョゼフ・ワイズマン(『OO7/ドクター・ノオ』の悪役にしてタイトル・ロールのノオ博士)と、錚々たる顔ぶれである。監督はエリア・カザン(『エデンの東』)、脚本はジョン・スタインベック(1962年ノーベル文学賞受賞)、製作はダリル・F・ザナック、と、これまた豪華な布陣である。アンソニー・クインは、マーロン・ブランド扮するエミリアーノ・サパタの兄、ユーフェミオ・サパタを演じてアカデミー助演男優賞を受賞した。
スペインの圧制に苦しめられ、混んくの末に独立を果たしたメキシコの物語は、イギリスの支配から独立したアメリカ合衆国の人びとの共感を得るのに、好個の題材なのであろう。
ただアメリカ合衆国と違い、メキシコは他の国を植民地化したとは聞かないし、原住民たちを虐殺したとも聞かない。メキシコ人にとっては、一緒にして欲しくないんじゃないかと思うが、どんなものだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:51 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS