ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
万年筆の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猖年筆の日爐覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1809年この日、イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが万年筆の原型となる軸内にインクを貯蔵できるペンを考案し、特許を取得したことから畧定されたのだそうである。
最近は万年筆も見かけなくなったような気がする。書類もすべてパソコンである。筆記を要することがあるときは、もっぱら、ボールペンである。
わたいの若い頃などは、万年筆は、腕時計とならんで、大人の男の必須アイテムであった。中学校の入学に祝いに万年筆や腕時計を買ってもらったときは、なにやら大人の仲間入りをしたようで、無性に嬉しかったことを憶えている。
万年筆はその名のとおり、大事に使えば一生もの、どころか、孫子の代まで使える。現に爺さんが若い頃に使用していた万年筆を、孫のわたいが面白がって使っていたことを憶えている。幼稚園ぐらいのときだったが……。
中学校の入学祝いに買ってもらった万年筆も、大学の頃まで使っていた。いまでは使おうと思っても、インクが売ってあるかどうか……。
電化製品も10年使えば買い替えが当り前の「使い捨て時代」である。「筆」もさることながら、「万年」ももはや、時代遅れなのだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:53 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS