ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
清掃の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯(しょうゆ豆)、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さんまの塩焼き(1尾)、小松菜のわさび和え、7種野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


昼に記したしょうゆ豆を、晩にも漬物代わりに食卓に上せた。漬物もいいが、やはり豆類を少しでも多く摂取したい、と、思ってのことである。
豆類はわたいが影響を受けた栄養学者の川島四郎先生だけでなく、極真空手の総帥であられた大山倍達師も、爛灰瓩茲蠅皀泪瓩鮨え!瓩函⊇劼戮討られたほどである。その栄養効能は抜群で、ピーナッツやアーモンドなどもよいが、やはり日本人としては、枝豆やそら豆のほうが好ましい。
豆類と野菜類を中心にして、魚肉類で動物性たんぱく質を補給すれば、バッチリ、で、あろう。そう云う意味からすれば、今夜の献立は完璧であるべきはずである。惜しむべきらくは、味噌汁が即席もの――いわゆるひとつの、インスタント、で、あることである。
味噌汁の具材は冷凍保存してあるのだから、手間を惜しまず料理ればよさそうなものだが、頑なにみそ汁はインスタントにしている。冷凍保存している具材は、後日粕汁を料理るときに使用するつもりなのである。
しかし考えてみると、昨冬期は、一回も粕汁を料理らなかったような気がする。勿体ないことである。今冬期は、ぜひ、料理ってみよう。いくら酒は禁じられていると云っても、粕汁くらいはよかろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS