ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ネクタイの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛優タイの日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狷本ネクタイ組合連合会が1971年に制定瓩靴燭發里如↓1884年のこの日、小山梅吉が日本で初めてネクタイの製造を始めたことにちなむ瓩里世修Δ任△襦
1884年と云えば、明治17年であるから、それ以前のネクタイは、すべては暗いものだった、と、云うことになる。つまり、大久保利通も、木戸孝允も、日本製のネクタイは締めていなかったわけだ。
わたいも若い頃は、服飾の一環として、ネクタイを締めていたことがあった。現在ではノー・ネクタイである。
爛優タイ…社畜を繋いでおく鎖瓩函▲▲鵐屮蹇璽此Ε咼▲垢覆澆侶拔腓鬚里燭發Δ真佑いた。遊冶郎ではない。しかし遊冶郎が膝を叩くほど、秀逸である。云い得て妙である。
ネクタイも昔は、反体制の象徴だったようである。そのため、往年のハードボイルド小説や映画などの主人公は、みなネクタイを締めている。
それが転じて、ノー・ネクタイが反体制のそれになりだしたのは、七十年代かららしい。その頃になると、前述のメディアに登場する主人公たちは、申し合せたように、ノー・ネクタイになりだす。あるいは、よれよれのネクタイになる。
現在では、体制だの、半体制だの、と、云った区分自体が、ナンセンスになっている。好ましい傾向である。体制か反体制か、ではなく、どんな体制か、が、重要なのである。そう云う意味では、なかなかイキな時代になったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:55 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS