ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国際協力の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯(しょうゆ豆)、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉としめじのすき煮、小松菜のわさび和え、5種野菜の酢漬け、絹奴、納豆、味付海苔


1袋分のしょうゆ豆がなくなった。意外と早いものである。昼の弁当に2粒、晩の食卓に7粒、計9粒を一日に摂取している。一日の推奨摂取量、あるいは適正摂取量であるかどうかは、さだかではない。現在のところは、食べないよりマシ、漬物の代わり、の、感じで、食べている。習慣づいてきたら、徐々に麦飯の量を減らし、しょうゆ豆の粒数を増やしていってもよかろう。豆類も低脂肪高蛋白、しかもその脂質は健康によい植物性で、他のビタミンやミネラルも豊富である。もちろん、米麦が不可ないわけではないのだが、故あって、少々減じつつある。他の栄養補給法を考えていたときに出逢った――思い出したのが、しょうゆ豆である。あくまで漬物、箸休めのつもりではあるが、健康によろしい品数が増えることは、結構なことである。
豆腐が、これまた久しぶりに、絹奴になった。いつも150g×3個の品を買っているのだが、こないだ行ったときに、もめんのがなかったのである。
絹こし豆腐は絹こし豆腐で、いいところがある。ビタミンやミネラルが豊富である。木綿にしろ絹にしろ、豆腐は日本が世界に誇る、栄養食品である。安価で食べやすく、栄養価は豊富である。自大の念が強い欧米人たちですら、豆腐の素晴らしさは認めているくらいである。
豆腐のすぐれた面のひとつは、その食べやすさにある。体調不良、消化不良、その他食欲のないときでも、豆腐はスンナリ喉を通る。そのうえ、栄養価も豊富である。わたいの私淑する川島四郎先生は、風邪で食欲のないときなどは、おかゆよりも豆腐――冷奴や湯豆腐――などをお奨めなされている。これからの季節、豆腐のありがたさを知っておくのも、わるくはあるまい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS