ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
レパントの海戦の日のひとりめし(朝)
ネオロールパン(2個)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛譽僖鵐箸粒だ鎰瓩行われた日である。
Wikipediaによると、レパントの海戦とは、爛リシアのコリント湾口のレパント(Lepanto)沖での、オスマン帝国海軍と、教皇・スペイン・ヴェネツィアの連合海軍による海戦である瓩函云うことである。
この海戦は爐海粒だ錣論哨茵璽蹈奪兒砲砲いて大海戦でのオスマン軍に対する勝利であり、オスマン帝国の地中海での前進を防ぐのに役立った瓩箸里海箸任△襦
Macによると、地中海の覇権をめぐる、オスマン帝国(イスラム勢力)と、スペイン(ローマ・カトリック勢力)との争い、と、云うことになる。地中海は欧州南部から中東湾岸、そして北アフリカによって囲まれており、これらの地域においては、海上交通の大動脈、交易の要衝であった。地中海の覇権を握ると云うことは、通称交通の権を掌握するに等しく、そのことは国家経済や安全保障にとっても重大な意味があった、とは、Macの説である。
この海戦に勝利したローマ・カトリック勢力は、西欧諸国へのイスラム勢力の浸透を防遏し、その独自の発展を保障することとなった。これは西欧世界にとっては、陸のモンゴル勢力の浸透を防止し得たことに並ぶ、市場に記録さるべき快挙であった、と、云うことである。Macによると。
ちなみにこの年、我が国では、織田信長による、比叡山焼き討ちが行われている。これもある意味、快挙である。このことによって、宗教勢力が世俗世界から分離され、政治に嘴を差し挟むことが防遏されていれば、いまごろK明党は、存在していなかっただろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:07 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS