ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
散歩の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は犹曲發瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、10と9を「てくてく」と読む語呂合わせから瓠↓燹屮轡屮篁曲皺餤帖廚制定瓩靴燭發里覆里世修Δ任△襦猝声4の渋谷には国木田独歩の住まいがあり、そこで著された小説『武蔵野』にも「散歩」という言葉が登場する瓩里世修Δ任△襦なぜ「シブヤ散歩会議」なる組織が制定したか、と、云うと、犹曲發髪錣深い渋谷圏の魅力を発信するのが目的瓩世らなのだそうである。
散作にして『武蔵野』を読んでいないのはウカツである。そう云うと、そこまで手が回らない、とのことである。犹曲發瞭瓩弔い任鳳召Δ函∋矯遒覆詆名が、「散策」=「散歩」から来ていることは、お察しのことと思う。決して「三作」しか書かない、あるいは書けないからではない……とは、本人の言である。ちなみに、「乱歩」とも、無関係だ、とのことである。
近頃は、ウォーキングなどと云うそうだが、それよりも、散歩、と、云うほうが、語感がいい。何でもかんでも運動運動、あるいはスポーツスポーツ、と、まるで追いかけられるように運動やスポーツの効能が云い囃されているが、そんなしゃかりきにならなくても、周囲の景色を漫然と娯しみながら、ブラブラと歩くほうが、よっぽど健康にいいような気がする。
そう云えば、散作の尊敬する横溝正史さんや、哲やんの憧憬するレーニンも、散歩を趣味としていたらしい。それにしてはこの御両人、あまり散歩しないのは、どう云うわけだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:00 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS