ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サツマイモの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しょうゆ豆)、ピーマンの肉詰め、小松菜のわさび和え、5種野菜の酢漬け


5種野菜の酢漬けがなくなった。それでも今週一杯は保ちそうな鮮度である。やはり酢とオリーヴ・オイルの効果は偉大である。これがピクルスとかマリネとか云うものならば、西洋料理の献立も捨てたものではないようである。多くの野菜が利用でき、しかも日保ちする。そのうえ、酢もオリーヴ・オイルも、身体によろしい。西洋料理のなかでは、文字どおり、あじな献立である。
ピーマンの肉詰めも久しぶりである。忘れまいぞ、と、思っていた、ピーマンの内側に小麦粉をまぶす作業を、最初の数個、忘れてしまった。他のものにはちゃんとまぶしたが、忘れた最初の数個はやはり、焼いている途中で、肉だねが剥がれてしまった。無念である。
わたいは小麦粉、と、云うが、人によっては、薄力粉、メリケン粉、などと表現する。こう云ってはなんだが、お年を召されたかたは、わりと、メリケン粉、と、称されるようである。レシピ本やWebsiteなどでは、薄力粉、と、記されていることが多いようである。要は同じものである。
ちなみに、揚げないシリーズや、やきものに使用する油も、オリーヴ・オイルである。いささか贅沢なような気もするが、外食することを考えれば、これぐらいの贅沢は許されてもよかろう。たしかダンヒルのコピーだったと思うが、爐いぜ駝をもつことは、贅沢とはいわない瓩髪召Δ里あった。それを藉りて云おうものなら、燹雰鮃に)いい食材を使うことは、贅沢とはいわない瓩里任△襦
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:54 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS