ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サツマイモの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯(しょうゆ豆)、ピーマンの肉詰め、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、絹奴、納豆、味付海苔


朝の記事に、爛汽張泪ぅ發法峽(九里)より(四里)うまい十三里」という異名があった瓩函引用したが、と、すれば、かぼちゃの異名は、はそれより(4里)うまい、さしずめ、十七里、と、云うところであろうか。
秋のほくほくとした甘味のあるかぼちゃは、なるほど、美味い。冬のパンプキン・スープなども絶品であろうが、それよりもわたいは、和風の煮物のほうを択ぶ。最近、味はよいのだが、25円/100g(税抜)と、まだまだ高い。それでも実家の母者に云わせると、廉いのだそうである。昨年か一昨年は、12〜3円/100g(税抜)だったのだから、25円/100g(税抜)はかなり高騰しているように思うが、巷ではそれより高いらしい。オソロシイことである。
かぼちゃは摂取がむずかしいビタミンA(β-カロテン)を豊富に含んでおり、かつまたビタミンCの含有量も多い。狹濟蠅砲ぼちゃを食べると風邪をひかない瓩函古来から云われている所以である。
それだけでなく、ビタミンEや食物繊維も豊富、甘い味わいのわりに、カロリーは91kcal/100g、野菜のなかでは高いかも知れないが、ご飯のカロリーが168kcal/100gであることを考えると、なるほど、低カロリーであろう。栄養分豊富で低カロリーである。重宝な食材であることが分かる。もっとも、何でもかんでも、低カロリーであればいい、と、云うものではないことはもちろんである。なんと云ってもカロリーは、身体をうごかす、また消化を促進する、エネルギィでもあるのだから。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:54 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS