ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鉄道の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しょうゆ豆)、ピーマンの肉詰め、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


ピーマンの肉詰めには、トマト・ケチャップとウスター・ソースをかける。醤油やソース、塩や砂糖など、人によって食物にかけるものはそれぞれである。天ぷらなどは、素材によって、荒塩、塩コショウ、ソース、天つゆ、おろし醤油、など、個々別々、種々様々、で、ある。
わたいの場合、ピーマンの肉詰めとハンバーグには、トマト・ケチャップとウスター・ソースである。こう云ったものには、幼い頃の影響がつぶさに出るようだ。わたいはいまだに、カレーにソースをかける人の気が知れない。トマトに砂糖をかけて食べる人がいる、と、聞いて、ビックリした憶えがある。
フライにはソースをかけるが、鮭のフライだけは、タルタル・ソースが好みである。チキン南蛮は、もちろん、タルタル・ソースである。
とんかつにはトンカツ・ソースであるが、ウスター・ソースでも苦しゅうない。練り辛子が添えてあれば云うことない。ちょっとした料理屋では、ステーキにもそれぞれのソースがあるそうな。
そうは云っても、素材の味を味わえる料理法が、なによりイチバンであることは、云うまでもない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:05 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS