ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
平安遷都の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しょうゆ豆)、揚げない鶏の唐揚げ、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


揚げない鶏の唐揚げの出来具合にムラがあるのは、やはり揚げたときの温度が関係しているのであろう。火加減とはむずかしいものである。
猴箸欧覆き瓩函¬辰Δ辰討い襪砲發かわらず、結構油を使った。小麦粉やパン粉は、油を吸収して固まるものと見える。それだけ多くの油を体内に消化吸収していることになるわけだが、これは健康上、よろしくない。しかし、油の使いまわしはしていないし、使用しているのはオリーヴ・オイルなので、いくぶんなりとも、健康にはよろしいはずである。
使用している鶏肉は、もも肉ではなく、むね肉である。むね肉のほうが、疲労回復効果があり、いわゆる低カロリー高たんぱくで、健康上はもも肉よりも好ましい。それに調理しやすい。切りやすいのである。前回はよく火がとおるように、と、そぎ切りにし、薄っぺらくなってしまった。今回は意識して、塊上に切ってみた。それでも十分、火はとおっているようである。
もう何回か料理ってみれば、コツも分かるであろう。なにごとも、継続は力、である。
かぼちゃの煮物が、イマイチ、で、ある。どうも例年のような甘味、と、云うか、ホクホクさが感じられない。やはりこれも、コロナの影響だろうか? 今年は全般に野菜の出来が悪く、価格も高騰ぎみであるらしい。困ったものである。少々の味の下落は耐えられるが、価格の高騰は如何ともしがたい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:53 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS