ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字・活字文化の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猜源・活字文化の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、2005年7月29日公布・施行の「文字・活字文化振興法」(平成17年7月29日法律第91号)によって制定された瓩發里如↓猜源・活字文化への理解や関心を国民の間に広めることを目的とする瓩函云うことだそうである。
わざわざ法律で定めなければならない時点で終わっている、と、思うのは、わたいだけではあるまい。
もっとも、いわゆる文字・活字文化の精髄を、国家レベルで守り、発展させていこう、と、云うのならば、これは大賛成である。
別段、国が行政措置として行う必要はない。委員会でも審議会でも設立して、利害得失から独立し、日本が世界に誇り得るとみなされた作品――小説やエッセイにかぎらず、新聞記事や雑誌のインタビューなどもふくめて――を保存保管するようにすればよい。昨今話題になっているナンタラ会議みたいに、政府のお墨付きをもらう必要はない。むしろ選定した作品を、国家の責任において、修復、再現、保存、保管する義務を、国家に課する――すくなくとも勧告するようにする。せっかく法律をつくったのなら、そこまでしてもよかろう。
ただし、行動主体は、あくまで国民である。我が国はなにかと云うと、政府がやれ、政府がやれ、と、云うが、国民が自分たちのことを、自分たちのために、自分たちでやって、悪いことはあるまい。むしろそれが、民主主義の根幹であると思うのであるが、いかがだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:01 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS