ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おだしの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しょうゆ豆)、揚げない鶏のフライ、小松菜のわさび和え、6種野菜の酢漬け


とり天、すなわち鶏肉の天ぷらを料理ろうと思って、なにをどう間違ったか、鶏肉のフライを料理ってしまった。どうりで見た目がエライちがっていたわけである。それにしても、そのことに、昼まで気づかなかったのだから、わたいもよほどどうかしている。
しかし出来上がりは上々で、なによりしっかり味がついており、ソースをかける必要がないくらいだった。
味付けは、揚げない鶏の唐揚げとおなじである。すなわち、酒、薄口醤油、チューヴのにんにく、チューヴの生姜、塩コショウ、で、ある。これを一口大に切った鶏肉に揉みこんで、冷蔵庫で一晩置くのである。
鶏肉はむね肉を使い、これをそぎ切りにする。唐揚げと違うのは、茶漉しで小麦粉をまぶしたのち、溶き卵に潜らせて、パン粉をつけるくらいである。
揚げ方も同じで、オリーヴ・オイルを使用する。最近は、温度表示機能のあるガス・コンロがあるそうだが、わたいの宅のガス・コンロは、そんな気の利いたものではない。フライパンに入れて強火で温め、うっすらと白煙が漂ってきたら、揚げどきである。後は適宜、火力を調整しながら、揚げ焼きに揚げていく。それでも、猴箸欧覆き畄椶離侫薀ぁ△如△△襦
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:54 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS