ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おだしの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯(しょうゆ豆)、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布)、揚げない鶏のフライ、小松菜のわさび和え、6種野菜の酢漬け、絹奴、納豆、味付海苔


揚げない鶏のフライと6種野菜の酢漬けの取り合わせが、我ながら絶妙である。いくらオリーヴ・オイルを使用しているとは云え、また、いくら猴箸欧覆き瓩函謳っているとは云え、やはり多量の油を使用していることには変わりない。それが酢漬け野菜のおかげで、さっぱりするのである。小松菜のわさび和えが、同様の効果をもたらしていることは云うまでもない。野菜も7種、摂取していることになる。
昼の弁当の項にも記したが、揚げない鶏のフライは、鶏むね肉を使っている。味わいから云えば、もも肉のほうがいいのだろうが、むね肉のほうが淡白で、あっさりしている。しかも栄養価の面からすれば、むね肉のほうが、低カロリー高タンパクで健康によろしい。なにより切りやすいので、調理しやすい。わたいの場合、栄養と料理り易さが重要な素因なのである。
唐揚げよりはフライのほうが、パン粉をつけるだけ手間がかかる。しかし今回料理ってみて、そして食してみて、なるほど、手間はかかるが、かけただけのことはある、と、再認識した。これならば、また料理ろうと云う気になる。下手すると、唐揚げより、こっちのほうが、お気に入りになるかもしれない。それはそれで、好ましいことではある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS