ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
改革の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、アスパラガスの豚バラ肉巻き(3個)、菜の花の辛子和え、茹でブロッコリ、たくあん漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


茹でブロッコリは昼の弁当のお菜と同じく、冷凍保存しておいたものである。結構あると思っていたのだが、いつのまにか、最後の1食分となっていた。また料理り置かねばなるまい。今度は人参も一緒にして冷凍保存しておこう。栄養均衡の観点からしても、それがよさそうに思う。できればもう1品ばかり加えて、ミックスベジタブル、と、しゃれこみたいのだが、なかなか思うようにいきそうもない。あと1品加えるとなると、なにがいいだろう。色合いからすると南瓜かトウモロコシだろうが、簡単に冷凍保存できて、栄養価の高いもの、それでいて廉価で色合いのいいもの、と、なると、なかなかなさそうである。
黄色い野菜もいいが、大量に冷凍保存してあるアスパラガスも問題である。キャベツや白菜なら大量消費の方法を知っているが、アスパラガスとなると心もとない。なんとか考えてみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |
改革の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(胡瓜のぬか漬け)、塩さばフィーレの酢漬け、ほうれん草のお浸し、茹でブロッコリ


なんとも緑色豊かな弁当である。ほうれん草に胡瓜にブロッコリと、ひらがな漢字カタカナと、表現も鮮やかである。
色合いや表現手段ばかりでなく、栄養分も豊富であることは云う迄もない。ビタミン、ミネラル、葉緑素、鉄分、カルシウム、と、不足しがちな栄養分がそろっている。
さらに塩さばフィーレの酢漬けが、タンパク質やクエン酸を補ってくれている。
ブロッコリは冷凍保存しておいたものである。かぼちゃの煮物がなくなったので、利用したのである。冷凍食品を買おうとは思わないが、冷凍保存は活用しようと思う。
近年は冷凍保存の技術も進み、冷凍食品も味栄養ともに素晴らしい品が数々出ているそうであるが、自分で買って調理したものを冷凍保存したものよりも、美味で良質で栄養価豊富で廉価なのだろうか?
あいにくわたいは、そのような冷凍食品には、いまだにお目にかかったことがないが、これも不徳の致すところなのだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:01 | - | - |
改革の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1788年(天明8年3月4日)の今日、徳川第11代将軍家斉が、老中松平定信を将軍輔佐とし、寛政の改革が始まる。
その46年後の1834年(天保5年3月1日)の今日、水野忠邦が江戸幕府老中に就任して、天保の改革が始まる。
江戸時代の三大改革のうちの二つが、太陽暦換算では、同日に起こったことになる。少なくともWikipediaによると、そうなっている。
だからと云って、この日を牴革の日瓩箸靴燭里蓮△錣燭い臨鶲佞砲茲襪發里任△辰董公許公認された記念日、と、云うわけではない。
しかし、寛政の改革と云い、天保の改革と云い、歴史上の評価は芳しくない。徒に締付け取締りが厳しく、風紀粛正どころか萎靡沈滞させてしまった感がある。改革、立て直しとは、むずかしいものである。
場合によっては、やらないほうがマシだった、と、云うことにもなりかねない。
改革の維新のと云っても、いいことばかりとは限らないようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:59 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS