ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
和同開珎発行の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、揚げない鶏の唐揚げ、小松菜のわさび和え、わかめと野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


考えてみれば───考えてみるまでもなく?───、猴箸欧覆し椶療睛箸沖瓩髪召Δ里癲¬圭盡豢腓任△襦爛トナ女子瓩筬犲粛要請瓩覆匹醗貳未任△襦まぁそんな矛盾言語が巷にはあふれているのだから、別段問題もなかろう。
遊冶郎などは、日本人としてまともな日本語が使えないのなら、日本の公用語を英語───英語にかぎらず、他の外国語───にすればいい、日本人としてまともに日本語をしゃべれないのは恥になるが、外国語なら開き直れるだろう、と、云うが、なに、べつに日本人が世界に恥をさらしているのは、母国語の使い方だけにかぎったことじゃない。そもそも思惟が貧困なのだから、言語だけをどうこうしたところで、枝葉末節、小手先の対応、場当たり対処、中央省庁の施策、アベノマスク、で、ある。
まぁ、納豆が免疫力の向上に効果がある、と、報道されると、それまで、関西人は納豆なんか食べない、納豆なんか人間の食いもんじゃない、などとのたまっておられた方々が、先を争って納豆をご購入あそばされるのだから、案外泥縄で満足する人も多いようだ。それはそれで個人の好き好きだから、どうこう云おうとは思わないが、そのとばっちりで納豆が手に入らない事態になるのだけは、ご勘弁願いたい。いつぞやはトマトのリコピンが……と、云うので、トマトそのものやトマト・ケチャップ、トマト・ジュースからピューレ缶まで、店頭から消えたことがあった。
そのうち、馬の糞が……と、報道されれば、みな、争って厩舎に押し寄せるのではないだろうか。まぁそうなっても、わたいにの食生活にはなんら影響はないので、それはそれで、一向にかまわないが。
それにしても、コロナウイルスを予防するワクチンの開発も急務だろうが、ついでに、と、云ってはなんだが、こんな人たちにつける薬も開発してもらえないだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |
和同開珎発行の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ほうれん草のお浸し、わかめと野菜の酢漬け


ほうれん草のお浸しにすりごまをかけた。胡麻には健康に良い油が含有されている。いわゆる、ごま油、と、云うヤツである。
ごま油には、オレイン酸やリノール酸のような不飽和脂肪酸が多く含まれており、コレステロール値を下げ、血管を強くする効果がある。また、セサミンやセレンの抗酸化作用により、活性酸素のダメージから細胞を守る効果がある。
そんなごま油は、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などを予防し、がんや生活習慣病から身体を守る働きをする。
オリーブ油とともに、重宝な油である。もっとも、それだけ高価でもあるのだが……。
さて、油がビタミンAの摂取を促進することは、これまでもたびたび述べてきたところである。今回すりごまをかけたのも、その効果を期待してのことである。
もちろん、今日1回だけでは何ほどの効果もないだろうし、微量であればなおさらだが、なにもしないよりはましであろう。富士のお山も土塊から、1円を嗤うものは1円に泣くのである。
卵が完全栄養食品であることは、これまでもたびたび述べてきたところである。惜しむべきらくは、葉緑素がかけていることくらいで、あとは必要な栄養素を、ほぼ完全に含有している。
卵はコレステロール値が高く、ために、その摂取個数は1個/日と云われてきたが、わたいが実践上の見地からこの説に反対してきたことは、みなさんもよくご存じのことと思う。
げんにわたいなどは、数年前まで、健康診断の結果として、コレステロール値が基準未満だったのである。そんな人間に、卵は1個/日、などとは、ドリフのコントである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:01 | - | - |
和同開珎発行の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


708年の今日(和銅元年5月11日)、日本で最初の流通貨幣と云われる和同開珎が発行された。このとき発行されたのは銀銭であって、歴史の教科書等で我々に馴染みのある銅銭が発行されたのは8月になってからである。
この銭貨は、慶雲5年1月11日(ユリウス暦708年2月7日)に犖什澆虜覿霧秩父市黒谷にある和銅遺跡から、和銅(にきあかがね、純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出した事を記念して、「和銅」に改元するとともに、和同開珎が作られた瓩函教わったものである。
しかし現在では、狷爾了砂个祥瑞とされた事例はこの時のみであり、和同開珎発行はその数年前から計画されており、和銅発見は貨幣発行の口実に過ぎなかったとする考え方もある瓩蕕靴ぁまた、当時の先進国であった狹發吠錣μ榲もあった瓩茲Δ任△襦
なおこの銭貨は、犒措阿蓮621年に発行された唐の開元通宝を模したもので、書体も同じである。律令政府が定めた通貨単位である1文として通用した。当初は1文で米2kgが買えたと言われ、また新成人1日分の労働力に相当したとされる瓩修Δ任△襦(以上、Wikipediaより)
Macによると、古代の銭貨には、購買手段としての価値よりも、呪術目的、すなわち魔除けとしての価値のほうが高く、物々交換が商取引の主流であったところから、いわゆる購買手段としての流通は限られていたのじゃないか、と、云うことである。
とは云いながら、犖什澆里箸海蹇∀惰嘘珎は、確実に広範囲に貨幣として流通した日本最古の貨幣であるとされている瓩箸寮發法意義をさしはさむ気はないようである。
金銭が広範囲に流通するのはけっこうなことであるが、わたいのところには滞留してほしいものである。なにしろ滞留どころか、通過すらしない。通過すらしない通貨に、なんの意味があると云うのか。古人曰く、「世の中に 金と女は敵(カタキ)なり 早く敵に めぐり合いたし」
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS