ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字・活字文化の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯(しょうゆ豆)、即席みそ汁(豆腐、とろろ昆布)、揚げない鶏の唐揚げ、小松菜のわさび和え、6種野菜の酢漬け、絹奴、納豆、味付海苔


どうもここのところ、木綿のミニ豆腐がなくて困る。いや、ないことはないのだが、98円(税抜)なのである。絹ごしのミニ豆腐は、88円(税抜)である。毎日のことなので、10円の差は大きい。もっとも、3個/組なので、正確には3と1/3円(税抜)なのではあるが……こ〜ゆ〜のを、貧乏性、と、云うのだろう。
落語の「始末の極意」では、梅干を睨んで口中に唾を湧かし、それでご飯を食べる、と、云う噺が出てくるが、いくらわたいでも、そこまではいかない。まだまだ未熟者、で、ある。もっとも、達人を目指しているわけではないが。
それはともかく、今晩食で、先週分の残りがなくなった。我ながら、どんだけ料理るねん、と、思わないでもない。なにしろ、鶏むね肉を1kg近く(以上?)買ってきたのだから、当然と云えば、当然かもしれない。
しかし今週は、それどころではなくなった。来週は主菜の食材を買わなくてもいいこと、すでに確実である。問題は、来週まで保つかどうかである。できるだけ保たす工夫はしているものの、こればっかりは、限度、と、云うものがある。毎日家計簿をつけ、買ってきた食材の数量を記録しているにもかかわらず、この体たらくである。困ったものである。
さて、その今週の献立は? 明日のお楽しみ、と、しておこう。明日の「ろ〜りぃの食卓」も、よろしく(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |
文字・活字文化の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しょうゆ豆)、揚げない鶏の唐揚げ、小松菜のわさび和え、6種野菜の酢漬け


6種野菜の酢漬けは、キャベツ、白菜、白葱、玉葱、人参、もやし、である。これを、酢、砂糖、オリーヴ・オイルを混ぜたもので和える。これも、いわゆるひとつの、マリネ、と、云うのだろうか。それとも、ピクルス、だろうか。どちらにしても、わたいはたんに、酢漬け、と、称する。横文字はあまり好きくない。
これに小松菜のわさび和えが合わさって、7種の野菜の摂取が可能となった。めでたし、めでたし、で、ある。人参以外は、単色野菜なのが残念であるが、贅沢は云っていられない。なにより野菜を摂取することである。慣れてきたら、かぼちゃを入れてもよかろう。大根や貝割もよし、で、ある。こうしてくると、これだけでけっこう、栄養が摂れるものである。我ながら重宝な献立を思いついたものである。
しょうゆ豆が亡くなったので、新たに註文した。400g×2袋、で、ある。これで1ヶ月は保つであろう。すくなくとも、2ヶ月=3袋くらいの割りで推移するものと思われる。どれくらいのペースで消費するか、当分様子を見るつもりである。昼2粒、晩7粒が定量になりつつある。豆類も積極に摂取すべきである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:02 | - | - |
文字・活字文化の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猜源・活字文化の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、2005年7月29日公布・施行の「文字・活字文化振興法」(平成17年7月29日法律第91号)によって制定された瓩發里如↓猜源・活字文化への理解や関心を国民の間に広めることを目的とする瓩函云うことだそうである。
わざわざ法律で定めなければならない時点で終わっている、と、思うのは、わたいだけではあるまい。
もっとも、いわゆる文字・活字文化の精髄を、国家レベルで守り、発展させていこう、と、云うのならば、これは大賛成である。
別段、国が行政措置として行う必要はない。委員会でも審議会でも設立して、利害得失から独立し、日本が世界に誇り得るとみなされた作品――小説やエッセイにかぎらず、新聞記事や雑誌のインタビューなどもふくめて――を保存保管するようにすればよい。昨今話題になっているナンタラ会議みたいに、政府のお墨付きをもらう必要はない。むしろ選定した作品を、国家の責任において、修復、再現、保存、保管する義務を、国家に課する――すくなくとも勧告するようにする。せっかく法律をつくったのなら、そこまでしてもよかろう。
ただし、行動主体は、あくまで国民である。我が国はなにかと云うと、政府がやれ、政府がやれ、と、云うが、国民が自分たちのことを、自分たちのために、自分たちでやって、悪いことはあるまい。むしろそれが、民主主義の根幹であると思うのであるが、いかがだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:01 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS