ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
恵方巻の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ブリの素焼き、小松菜のわさび和え、ツナと白菜のトマト煮、たくあん漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


ブリは大好物である。素焼きでも煮つけでも照り焼きでもブリ大根でも旨い。しかも栄養がある。ただ惜しむべきらくは、お値段がお廉くない。
味や栄養を考えたら、決して高価ではないのであろうが、わたいの会計事情から観れば、高価ならざれども廉からず、なのであるほうれん草と白菜の胡麻和えの量が安定しない。先週と同量で料理ったはずなのだが、先週より4食分も足りなくなった。仕方がないので、近所のスーパーで小松菜を買ってきた。先週買ったほうれん草も6束だったはずなのだが、記憶違いだろうか。それとも1束あたりの量が少なくなったのだろうか。たしかに値段は、先週よりも廉くなってはいたが……。
照り焼きと表記したり、煮つけと表記したり、我ながら統一感がないが、実は同じものである。
料理り方は簡単で───

フライパンにブリを乗せて火にかける。
酒を入れて、強火で酒精分を飛散させる。
弱火にして味醂(または砂糖)と薄口醤油を入れる。
ときどきタレ(?)を回しかけながら、煮つめるように焼く。

───以上である。
簡単だし味はいいし栄養価は高いし、いいことずくめの献立である。
なおここで付言しておくが、わたいが「栄養価が高い」と、記すときは、「カロリーが高い」と云っているのではないので、念のため。だからと云って、「栄養価が高い」=「カロリーは低い」と云うわけでもない。わたいはあまりカロリーには興味がない。カロリーならば、ファスト・フードやインスタント食品でも、充分に摂取できる。しかしそれでは、身体も脳も(精確には、脳も体の一部なのだが)円滑には動かない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
恵方巻の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、ブリの煮つけ、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物は、先週の残り物である。先週は16円/100g(税抜)だった。今週同じ店で見てみると、18円/100g(税抜)になっていた。だいたいこの値幅で上下しているようである。
銘柄品種は、メキシコ産、ニュージーランド産、エビス南瓜、などが目に付く。エビス南瓜が美味なることは以前にも記した。
これはメキシコ産だが、これもなかなかに美味である。あまり大した差はないのかもしれない。
それにしても、かぼちゃの旬が夏と云うのには驚いた。てっきり冬が旬と思っていたのである。実際、冬によく食べる。と、云うより、ほぼ毎日食べる。冬が旬である、と、思い込んでいたのも、無理はあるまい。
ほうれん草も冬になると、格段に旨味が増す。ほうれん草特有の甘さが出てくるのである。白菜はなおのことである。冬は美味しい野菜がいろいろと出回るのでうれしい半面、あれもこれもと目移りしてしまう。結果、料理り過ぎの食べ過ぎに陥る。冬に太るのは、寒さゆえの運動不足、降誕祭、忘年会、新年会、お節料理、等々だけではないようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
恵方巻の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


べつに犒段巻の日瓩髪召Δ錣韻任發覆ろうが、節分と云うことで、題に掲げた。
Wikipediaで恵方巻を調べてみると、狎疂に恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻き寿司のこと瓩箸△襦
犒段瓩髪召Δ里蓮厳密に云えば、詳細な規定があるらしいが、ここでは単に、縁起のいい方向、くらいの意味に捉えておけばよろしかろう。ちなみに今年は西南西であるらしい。
この風習の発祥は、大阪であるらしいのだが、不肖わたいはまったく知らなかった。知ったのは最近になってからである。
もっとも、わたいが大阪に来た頃は、近年に見るほど、恵方巻、恵方巻、と、騒いではいなかった。
よくよく調べてみるとそれもそのはずで、燹峽段巻」という名称は、1989年にセブン-イレブン舟入店(広島市中区)の野田靜眞が「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」と聴いて仕掛けたことにより、1998年から全国へ広がり、2000年代以降に急速に広まった瓩里世修Δ如↓爐修谿柄阿法峽段巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていない瓩里世修Δ任△襦爐修梁召砲蓮峭運巻寿司」「恵方寿司」「招福巻」などとも呼ぶ瓩蕕靴ぁWikipedia/「恵方巻」より)。
つまり、恵方巻なる語は、最近になって作られた新語、と、云うことらしい。
まあそうだとしても、知られていなかった日本の風習が、日本全国に広まり受け入れられるのはよろこばしいことである。
少なくとも、欧米の風習俗を取り入れて広めるよりはなんぼかマシである。
ただし、商売や流行に加熱するあまり、食品を粗末に扱うことのないよう、心得ておれば、の、話ではあるが。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
節分とも恵方巻とも縁のない、季節感も風流もない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS