ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
親爺の言葉 PART
親爺に云われたこと──
一、「学校には、辞書の引き方を教わりに行くのだ」
  解らないことに遭遇したときに、自分の力で、どうやって解決するか、
  その方法を教わるのだ、と云うわけである。
一、「蛸を英語でなんと云うか?
   “Octopus”と云うのは知識。
   “a fish,one head, eight legs”と云うのは知恵。
  知識よりも、知恵のほうが大事だ」
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 22:05 | - | - |
方広寺大仏殿完成の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、さばの塩焼き、小松菜としめじの煮浸し


さばの塩焼きは近所のスーパーで買ってきた惣菜である。
たまには魚を食さないと、身体に悪い。
今週はみごとにお菜を消費した。冷凍庫も少しは広くなった。と、云っても、またそのうち、冷凍保存食で一杯になることだろう。冷凍庫 まかせて安心 保存食、である。
なにより、青菜類が冷凍保存できるのがありがたい。青菜類は生命の根源、活力の源、なのである。
さていよいよ梅雨に入り、鬱陶しい日々が続きそうである。
ジメジメした季節に負けない、サッパリした、元気の出るようなお菜を料理りたいものだが、はてさて、どうなることやら……
それではみなさまも梅雨の鬱陶しさに負けず、元気でさわやかな日々を過ごされますように(^^)/
それではまた来週、お会いしましょう!
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
方広寺大仏殿完成の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1588年の今日(天正16年5月15日)、豊臣秀吉建立の方広寺大仏殿が完成した。
方広寺と云えば、その梵鐘の銘文のうち「国家安康」「君臣豊楽」の句が、徳川家康の家と康を分断し、豊臣を君主として、家康及び徳川家を冒瀆するものと看做され、大坂の陣による豊臣家滅亡を招いたとされる逸話が有名である。(Wikipediaより)
安土桃山の時代から、なんなと難癖をつけて、ことをおのれの優位に運ぼうとする輩にはことかかないようである。
それが立派な為政者の条件であると云うのなら、現代日本は、立派な為政者に事欠かないようである。そのわりに、住みやすい世の中である、と、云う実感はわかないが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
難癖とも為政者とも縁のない、いたって平和な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:34 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS