ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
山崎の戦いの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、鰯の生姜煮(4尾)、野菜とわかめの酢漬け、茄子とゴーヤとピーマンの佃煮、木綿奴、納豆、味付海苔


胃腸の調子が悪いのか、それとも晩食の量が多いのか、あるいは多湿な気候のせいなのか、はたまた若き日の放蕩無頼の生活の報いなのか、このところ、朝起きると身体が怠く、胃がもたれるような気がする。寝起きは悪くないから、消化器系統の不調であることに違いはあるまい。
それにしても、晩食の量はさして増えてはいないはずである。味噌汁がない分、むしろ減っているはずなのだ。ひょっとすると、寝る前に飲んでいる牛乳のせいかもしれない。
牛乳は良質のたんぱく質や多くのカルシウムをふくみ、完全栄養食品のひとつに数えらるが、残念ながら、乳糖(ラクトース)をも含んでいる。
この乳糖(ラクトース)を消化する酵素がラクターゼなのだが、このラクターゼが分泌量が、日本人は少ないらしいのである。牛乳を飲むとお腹を下す、お腹がごろごろする、などの症状が現れるのはこの酵素が欠乏しているゆえである。聞くところによると、多くの民族(黒人とヒスパニックで80%、アジア人で90%以上)で、離乳後にラクターゼの量が減少するそうである。
もっとも、北欧系・西欧系の白人の80〜85%は、生涯にわたってラクターゼを生産するそうである。道理で牛乳は云うに及ばず、チーズやヨーグルトなどは欧米が主生産地になっているわけである。
しかしそうすると、世界規模で見れば、成人になれば牛乳を受け付けないのが普通で、成人しても牛乳を受け付けられるほうがめずらしい、と、云うことである。
わたいの場合、牛乳を受け付けないわけではないし、特に嫌いなわけでもない。ただおなじ乳なら、飲用物よりも容れもののほうに興味がある。同種族のそれに限っての話だが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:50 | - | - |
山崎の戦いの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ロール白菜のトマト煮、小松菜のわさび和え、野菜とわかめの酢漬け


ロール白菜のトマト煮は、意外と後片付けが面倒である。脂分が多いので、水ではなかなか落ちない。湯か食器用洗剤を使わなくてはならない。合挽肉の脂だと思いたい。まさか、缶詰の成分ではあるまい。だとすると、健康上大問題である。加工食品に含有されている油は、かならずけんこうによろしくない、と、頑なに信じているのである。
ロール白菜のトマト煮を料理る際は、あらかじめ白菜を軽く湯掻いて、特に芯の部分を軟らかくしておく。そうして粗熱をとり、軽く絞って、あるいはキッチン・ペーパーを使って、水分を除去しておく。肉だねを巻きやすくするためであることは云う迄もない。
余談だが、散作はこの、「〜は云う迄もない。」と云う表現が大嫌いである。云う迄もなかったら云うな、云う迄もあることだけ(云う必要のあることだけ)云え、と、不機嫌を露わにする。「〜は云う迄もない」と云う表現を多用している文筆者は悉く、文章が下手だ、と、切って捨てる。いやはや、凄まじいことである。
で、ロール白菜だが、肉だねを巻くに際しては、芯の部分が巻き終りの上に来るようにする。換言すれば、葉のほうから巻いていく。そうして芯の部分を爪楊枝で止める。煮込んでいるときに白菜がバラけないようにするための措置であることは云う迄もない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 17:53 | - | - |
山崎の戦いの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1582年(天正10年6月13日)の今日、狎歡店颪隼馨觜颪龍に位置する山崎(京都府長岡京市乙訓郡大山崎町)において、備中高松城の攻城戦から引き返してきた羽柴秀吉軍と、織田信長を討った明智光秀の軍勢が激突した瓠Wikipedia/「山崎の戦い」より)。
いわゆる山崎の戦いである。この合戦は、犖斗菘群山の戦いと呼ばれてきた瓩發里任△辰董現在でも大切な勝敗を決する試合などを称して、狹群山瓩半里垢襪里蓮△海海僕獲茲垢襪修Δ任△襦Mac曰く)。
おなじ用法に、犂悒原瓩髪召Ω譴發茲使われる。どちらも、天下分け目、との含みがある。
どちらの戦いにおいても、勝利したほうがこれをきっかけとして、後に天下を統べることになったのだから、なるほど、天下分け目であることに違いはあるまい。
それにしては、桶狭間の戦いや、長篠の戦い、対本願寺戦などがそう呼ばれないのは、いささか不思議である。
おそらくこれは、信長が天下を統一し得なかったことにもよるのであろう。
そう云えば、今年の某国放送協会の大河ドラマは明智光秀が主人公だったはずだが、今後どうなるのだろう。聞いたところでは、途中で打ち切りになるそうだが……。
序盤の人気タレントの薬物疑惑による降板の件と云い、コロナ騒動による撮影不能の件と云い、やはり叛逆者を主演に据えると、よろしくないのだろうか。
これも第六天魔王の祟りだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 17:52 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS