ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ガンバレの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


懸念していた野菜の酢漬けがなくなった。やれやれ、ひと安心である。と、思ったら、実は今週分として、倍近く料理っているのである。それは明日からおいおいご披露に及ぶが、困ったものである。一難去ってまた一難……とは、聊か不謹慎である。虐待の末に食事も満足にさせてもらえず、飢餓と孤立と心細さに震えながら亡くなった子どもがひとりならずいると云うのに、罰当たりにもほどがある。いつしかわたいも食に困らぬ贅沢に狎れて、知らぬうちに慢心しているようである。危ない危ない、実に危ない。こうして人間の心を失って、人面獣心の畜生に成り下がっていくのであろう。
鰯の生姜煮は、小松菜のわさび和えと同様、もはやすっかり定番である。梅肉も入れてあるので、臭みは感じない。むしろまろやかでさっぱりした味わいである。生姜が苦手、と、云う人も、これなら食べられるんじゃなかろうか。鰯が栄養分の宝庫であることは、これまでにもしばしば述べてきたところである。その鰯が、野菜のみならず、魚も高騰するなか、廉価で手に入るのはありがたい。環海国家ニッポンに居住しながら、魚を食さない、魚が食せない、と、云うのは――体質上やむを得ない場合はもちろん別として――、いかにも情けないことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
ガンバレの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鶏むね肉の味噌漬焼き、小松菜のわさび和え、野菜の酢漬け


いくらなんでも、そろそろ片づけないとヤバいのが、野菜の酢漬けである。思ったより量が多かったようである。最近は野菜が高騰しており、キャベツもいつもよりひとまわり小さいのだが、それでもだいぶあるようだ。もっとも、キャベツだけでなく、玉葱1玉、人参1本、もやし200gも入れているのだから、それなりの量にはなるわけではある。
おかげで夏場に不足しがちなビタミンCはたっぷり摂れているはずだし、食欲の減退するこの蒸し暑さのなか、酢の作用で食欲が惹起されているのだから、重宝な献立であることに変わりはない。それに考えてみれば、この時季、よく保存されているものである。
鶏むね肉の味噌漬焼きも同様に、先週の残りである。今回はちゃんと(?)油を引いて焼いた。ただそぎ切りにしたつもりが、いくつか塊のようなのが出来たのは残念だった。それでもなかまでちゃんと火が徹っていたのだから、それはそれで良しとしよう。ただささ身にくらべると、やはり食感がパサついている。それも逆に考えれば、あっさりしていて、良いのかもしれない。第一むね肉には、疲労回復の栄養分が多量に含有されているそうである。と、すれば、これまた好献立、と、云うべきであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:13 | - | - |
ガンバレの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爛ンバレの日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1936年(昭和11年)の今日、爛戰襯螢鵐リンピックの女子200m平泳ぎ決勝で、ラジオの実況をしていた日本放送協会の河西三省アナウンサーが前畑秀子選手に「前畑ガンバレ」と20回以上連呼し、日本中をわかせたことに由来瓩垢襪里世修Δ任△襦この大会で狒鞍は優勝し、日本人女性として初めての金メダルを獲得した瓩里蓮△錣燭い任気知っている有名な話である。
映ちゃんによると、このときの模様はレニー・リーフェンシュタールと云う女性監督の手によって、『オリンピア』と云う記録映画にまとめられた。日本では『民族の祭典』及び『美の祭典』の二本の映画として公開されたとのことで、現在でもこの題名でDVD化されているとのことである。ナチス賛美の側面があるものの、映画としての完成度は高く、現在なお、この作品を越えるオリンピック映画は製作されていない、と、云われているらしい。
今年は二回目の東京オリンピックが開催される予定であった。それが一年順延されたことで、悔しい思いをされた方も多いことだろう。
もともとスポーツに興味がないうえに、どうせなら観るよりやるほうが好きなわたいにとってはどうでもいいし、第一、やたらメダル獲得のことにばかり拘泥る昨今の風潮には顰蹙するのだが、各人がもてる技倆を最大限に発揮して挑む姿勢は、そんなわたいにも崇高の念を生ぜしめる。
メダル獲得にではなく、自らの限界に挑戦する姿こそが美しいし、また感動する。そんな選手にこそ、爛ンバレ瓩寮識腓鯀りたいし、また日々の平和な生活を維持するために汗している市井の人びとにも、同様の爛ンバレ瓩鯀りたい。そしてそんな爛ンバレ瓩寮識腓鯀られる自分でありたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:12 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS