ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
シンフォニー記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、人参と長葱の豚バラ肉巻き(2個)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物


冷凍保存しておいた人参と長葱の豚バラ肉巻きがなくなった。また新たになにか料理って保存しておかなければならない。
と、記してふと思ったのだが、もともとは、余った食材を棄てるわけにいかず、なんとかならないか、と、苦悩の末、冷凍保存できる献立を料理って、冷凍保存しておいたはずである。
当たり前のことだが、冷凍保存するのはあくまで食材を無駄にしないための、あるいは食材が売り切れていたときに活用するための「手段」であって、冷凍保存することが「目的」ではないのである。
どうもわたいは往々にして「手段」と「目的」が入れ替わる傾向がある。
で、そもそも、自炊を始めた「目的」は何で、何のための「手段」だったのだろう? 今ではそれも忘却の彼方である。
「目的」も「手段」も、その意識が消滅した後に残るのは、「慣習」ないしは「習慣」であろう。
これを哲やんに話したら、なんと云うかな?
それはともかく、今週は肉料理だったので、順番から行くと魚料理になるのだが、そろそろ鰤(ブリ)が食べたくなってきた。だけど鰤の切身って、高いんよな〜。どうしよう……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:53 | - | - |
シンフォニー記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛轡鵐侫ニー記念日瓩任△襪蕕靴ぁ
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、1914(大正3)年のこの日、ベルリンから帰国した山田耕筰が、初の日本人の作曲による交響曲『勝鬨と平和』を発表した瓩里世修Δ任△襦
山田耕筰氏と云うと、「待ちぼうけ」や「赤とんぼ」、「からたちの花」などの童謡の作曲者としてよく知られているが、狷本初の管弦楽団を造るなど日本において西洋音楽の普及に努めた畤擁であり、爐泙拭▲縫紂璽茵璽のカーネギー・ホールで自作の管弦楽曲を演奏、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やレニングラード・フィルハーモニー交響楽団等を指揮するなど国際的にも活動、欧米でも名前を知られた最初の日本人音楽家でもある瓩修Δ任△襦
この時季そろそろ、第九の合唱がコンサート・ホールなどで行われる日時を目にするようになる。
交響曲の父、と、云えば、ハイドンであるが、やはり日本人には───あるいは西洋人にも───ベートーヴェンのほうが馴染みが深いのであろう。交響曲と云えば、ベートーヴェンを思い出す人がほとんどなのではなかろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
シンフォニーともオーケストラとも、ハイドンともベートーヴェンとも、まったく一切どこからどう見ても縁のない、いたって凡俗非文化な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:50 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS