ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
トランプ米国大統領弾劾決議案可決
亀裂はもともと存在してたよ。ただ、〈リベラル〉という名の偽善のマントによって覆い隠されていただけでね。
その偽善のマントの裏で、多くの人たちが涙を流し、歯ぎしりし、汗を拭いてたのさ。
もしその人たちが自分たちの意見や生活を公言したなら――たとえそれが理に適った、真実の叫びであったとしても――、「保守」、「反動」、「頑固」、「差別主義者」、等々の罵声が容赦なく浴びせられたろうね。
ドナルド・トランプはその偽善のマントを剥ぎ取った。2016年の米国大統領選挙において、多くの民主党支持者が露骨に氏を非難攻撃したのは、自分たちがそこから利益を得ている「〈リベラル〉という名の偽善のマント」を剥がされるのを恐れたからだろう?
結果は民主党支持者たちの恐れたとおりになったね。
ヒラリー・クリントンの勝利を確信して、「もしドナルド・トランプが大統領になったら米国を出ていく」と、ドナルド・トランプやその支持者を揶揄嘲笑していたいわゆる”ハリウッド・セレブ”の連中がどんな大恥を掻いたか、もう忘れてしまったかね?
奴らは恥知らずにも、居直って、いまだに米国内で、一般の国民には想像も及ばないような、その豪奢な生活を続けてるみたいじゃないか。「平等」、「人権」、「リベラル」などと、唱えながら。
トランプ支持者を殴るのは、連中にとっては「暴力」ではないんだろう。それが反トランプ支持者の言う「リベラル」さ。
トランプの歴史上の意義は、現在のところ、米国の対立、分断、亀裂を顕在させ、先鋭させつつあることにある。後世、「先鋭させた」と、評価されるだろうな。
米国の今後の課題は、この対立、分断、亀裂を、どう克服するのか、だ。
反トランプ、民主党支持者たちが願うように、再び覆い隠してしまうのか、それともトランプがそうしつつあるように、よりいっそう先鋭化させ、激化させるのか。
歴史の正解は後者なんだけど、歴史上の現在を生きてるやつらは、前者を選択するだろうね。誰が好き好んで、シンドイ目に遇いたがるものか。
南北戦争直前の頃を考えてみよう。当時は、北部支持者も南部支持者も、米国の分裂は望んでいなかっただろうし、ましてや内戦は、何としても回避しようとしただろう。
しかし当時の米国の対立、分断、亀裂は、内戦を経ずしては解決できなかった。
結果、南北戦争という大きな犠牲を払って、米国の結合はよりいっそう強められた。たとえそれが、北部による南部の支配、という形で現象したとしても。
トランプは今回の弾劾決議案を乗り切ることはできるだろう。
問題はその後だ。
再選をはたして米国の分断、亀裂、対立を先鋭して米国史の新たな時代を迎えるのか、あるいは失速して米国をふたたび「偉大な眠り」に陥らせるのか。
これからの米国は、ナカナカ面白くなりそうだな。
| 遊冶郎 | 気まぐれなコラム | 21:54 | - | - |
3000台突破\(^o^)/
昨18日(水)のアクセス数が3454となりました🎉
ろ〜りぃ以外、ほぼ休眠状態であるにもかかわらず、アクセスくださいまして、まことにありがとうございますm(__)m
これを励みに、執筆者一同、心を引き締めて取り組んでまいりますので、これからもご贔屓のほど、よろしくお願い奉ります(^^)/
| Woody(うっでぃ) | 気まぐれなブログ | 21:50 | - | - |
日本初飛行の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと生椎茸と白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


たんぱく質が少なめ、と、思っていたが、あらためて見てみると、そうでもないようだ。主菜の他にも、玉子、ツナ、木綿豆腐、納豆、と、たんぱく質の食材がそろっている。
煮物がないことと、野菜が少ないことが難点である。海藻類も少ない。煮物を料理れば、だし昆布が摂れるのだが、かぼちゃがなかったのが残念である。
考えてみれば、煮物の献立をほとんど知らない。かぼちゃの煮物くらいである。筑前煮や、それを若干手直しした、今夜際の煮物、あるいは肉じゃがが、かろうじて圏内入りするくらいか。
煮物は多くの野菜が摂れるだろう、と、期待していたが、実際料理ってみようとすると、そうでもないようだ。ただし、他の食材(イモ類やキノコ類など)との相性はいいようで、そう云う意味ではバランスの取れた栄養補給には最適だとも云える。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:24 | - | - |
日本初飛行の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


どうも茹で人参と茹でブロッコリの量が多すぎるような気がする。そのため玉子焼きがひしゃげてしまう。困ったものである。
しかし、見映えなどよりもとにかく空腹が満たされ、晩食の時間まで腹が持てばいいのだから、量を減らすなどとはもってのほか、で、ある。
第一、栄養面からみても、非常に素晴らしい食材がそろっている。
人参とブロッコリ、それにほうれん草は、緑黄色野菜であり、その含有栄養価は抜群である。
また、卵が完全栄養食品であることは、いままでもたびたび記してきたところである。
白菜は淡色野菜であるが、ビタミンCとカリウムが多く、風邪予防には最適である。なるほど、旬が冬であることが肯ける野菜である。
にんにくがビタミンB1消化吸収を促進することは、これまたたびたび述べてきたところだし、そのビタミンB1を特に含むビタヴァレーを、ご飯には混ぜてある。
我ながら実に素晴らしい、弁当である!
にもかかわらず、なぜこうも体調が良きに安定しないのだろうか? 謎である……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
日本初飛行の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は狷本初飛行の日瓩任△襪蕕靴ぁ
Wikipediaによると、1910年12月19日に、東京の代々木錬兵場(現在の代々木公園)で徳川好敏工兵大尉が日本初の飛行に公式に成功したことに由来瓩垢襪里世修Δ任△襦犲尊櫃砲5日前の12月14日に日野熊蔵大尉が飛行に成功していたが、公式の飛行実施予定日ではなかった、などの理由で「滑走の余勢で誤って離陸」であり、飛行ではないとされた。また、日野大尉は19日にも飛行に成功しているが、離陸順が徳川が先とされたため、徳川大尉が日本初、とされている瓩里世修Δ澄
遊冶郎が聞いたら、いかにも「徳川に獨崚扠瓩靴董△修瞭野大尉って奴の飛行を、成功って認めなかったんじゃないのかい」と、云いそうである。あるいは真実を穿っているかもしれない。
先日記したライト兄弟の世界初飛行についても、いろいろと醜い裏話があるようである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
飛行とも非行とも、忖度とも裏話とも、まったく一切全然関係のない、いたって清廉潔白簡素清浄な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS